出産祝いはいつ渡す? 時期と渡し方、訪問のマナー

友人や親せきの出産はとてもうれしいもの。早く赤ちゃんやお母さまへの贈り物を贈りたいという気持ちがわいてきます。出産祝いはいつからいつまでの間に贈るとよいのでしょうか? 病院やご自宅へ伺う場合のマナーは? せっかくのお祝いごとですから、喜んでくれる渡し方を心得ておきましょう。

出産祝いを送ってくれた方を思い浮かべる産後のママ

贈る時期はいつがいい?

出産祝いを贈るタイミングは、一般的に生後7日後からお宮参りをする生後1カ月とされています。
生後7日後は命名書を飾ってお祝いする「お七夜(おしちや)」があり、生後1カ月後に神様に赤ちゃんの誕生報告と、健康を祈願する「お宮参り」があります。出産祝いを贈るタイミングも、お七夜・お宮参りが目安になっています。
しかし、最近では出産後1週間近く入院しているケースも多いので、きっちりお七夜のタイミングに合わせると早すぎる場合もあります。また、先様はお宮参りの頃に出産内祝い(出産祝いのお返し)の準備をするので、それまでには贈るようにします。
上記のような理由から、出産祝いを贈るベストタイミングは出産後2〜3週間といえます。この間に贈る場合も、母子が退院しているか、健康であるかを確認して贈るようにしましょう。

遅くなったらお誕生祝いに

出産した側は生後1カ月ぐらいに出産内祝いを準備します。出産祝いが遅れてしまうと、先様は内祝いを買い足すなどの手間がかかります。
お祝いを選ぶ時間がない場合は、先様が好きなものを買える商品券や、必要なものを選べるカタログギフトなどを郵送するのもよいアイデアです。
どうしても遅くなってしまった場合は、お祝いの言葉とともに遅くなったおわびの言葉を添えて贈るようにします。出産して1年近くたってしまったときは、出産祝いでなくお誕生日祝いとして贈りましょう。

病院・ご自宅に伺う場合のマナー

親しい友人へ出産祝いを贈るときは、赤ちゃんにも会いたいでしょう。しかし、産後すぐは体調が戻っておらず、慣れない育児で疲れている場合もあります。親しくて遠慮のない間柄といっても、対応する余裕がない先様もいらっしゃることを念頭に置いておきましょう。
直接会ってお渡しする場合は、必ず事前に連絡をします。当日にも連絡をして、体調などを聞いてからお伺いしましょう。また、贈る側が少しでも風邪っぽい場合は、行かないようにするのは当然のマナーです。

また、最近では出産祝いを直送するケースが多いようです。こちらは先様の都合に合わせて前もって用意ができ、先様も来客の準備をせずにすむので気軽です。
出産祝いは母子の体調を気遣うことが最も大切。お品は先に直送し、先様が落ち着いた頃にお会いしてお祝いを述べても失礼にはあたりません。

病院にお伺いする

病院によっては面会できるのは家族だけに限られている場合があります。そうでなくても入院中は母子ともに落ち着かないので、病院に行くのはあまりおすすめはしません。
ただ、先様から請われたなら、お伺いしても大丈夫。念のため当日に体調などを聞いてから訪ね、気分転換になるような会話を心がけるようにしましょう。短時間で帰るよう気遣いを忘れずに。赤ちゃんに触れる前には必ず手を洗いましょう。

ご自宅にお伺いする

自宅にお伺いするときも、前もって連絡し、当日も都合を確かめてからお訪ねします。その際も短時間でおいとまする、幼児を連れて行かない、家に着いたら手を洗わせてもらうなどの配慮が必要です。
育児を始めると、お母さんはゆっくりする時間がありません。先様の予定に合わせたとしても、無理をさせてしまう場合があります。こちらの「出産祝いを直接渡したい」という気持ちよりも母子の都合が再優先と考え、状況によってはお祝いだけ先に発送する柔軟さも先様への気遣いになります。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ