贈る前に調べよう!快気祝い熨斗(のし)や水引のマナー

病気やケガで弱っている時にお世話になった方には、快復したことをきちんとご報告し、心からのお礼をしたいところです。熨斗の選び方ひとつにも気持ちが表れるものですから、しっかり押さえておきましょう。

快気祝い熨斗(のし)のイラスト

快気祝いだから「お祝いの熨斗」だけではダメ

実は「お祝いの熨斗」にも種類がある

快気祝い=お祝いですから、店頭などでもつい「お祝い用の熨斗をかけてください」と気軽に頼んでしまいそうですが、ここが注意したいところ。実は、お祝い用の熨斗にも種類があり、「どんなお祝いか」によって使い分けなければならないのです。

快気祝いはほどけにくい「結び切り」の水引で

一般的なお祝いの熨斗には、蝶結びの水引がついています。ほどけやすく、何度でも結び直せることから、合格祝いや新築祝いなど「何度あってもうれしい」お祝いに用いられます。一方、病気(ケガ)からの回復を祝う快気祝いや、一生の誓いを立てる結婚のお祝いなどは「二度と繰り返さない」ことがよいもの。このことから、快気祝いの熨斗には蝶結びではなくほどけにくい「結び切り」の水引がついたものを使います。

「快気祝い」「お見舞いのお礼」の熨斗(のし)表書き

表書きは「快気祝い」「病気(ケガ)をした方の姓(名)」

病気(ケガ)がすっかり完治している場合、表書きには「快気祝い(快気内祝い)」とし、下側には「病気(ケガ)をした方の姓(名まで入れることもあります)」を書きましょう。

全快していなければ「御見舞御礼」「退院内祝」も

「まだ退院していないがお礼をしたい」「自宅療養を続けるけれどもひとまず退院したのでご報告したい」といったこともあるかもしれません。この場合「快気祝い」とはちょっと違う意味合いになりますので、「御見舞御礼」や「退院内祝」といった表書きを使うとよいでしょう。ちなみに、治療の甲斐なく亡くなられた……というケースでも、表書きは「御見舞御礼」で構いません。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ