香典返しと共にお送りするお礼は、こんな文でしめやかに

香典返しのお礼状には、喪家としてだけでなく「故人に代わって」皆様へご挨拶する意味もあります。故人のためにも、礼儀を欠くことのないようにしたいものです。それでは、お礼状の基本的な構成と、文面作成のポイントを見てみましょう。

まずお礼状について知っておこう

香典返しのお礼状イラスト

お礼状の基本的な構成

  • お香典へのお礼
  • 戒名と無事四十九日法要が済んだことの報告
  • 故人との生前のおつきあいへのお礼
  • 香典返しの品を送ることの報告
  • 略儀で済ませることへのお詫び

お礼状の文面のポイント

  • 句読点、「ますます」などの繰り返し語は使わない
  • 「拝啓/敬具」「謹啓/謹白」といった頭語/結語を使う
  • 季節の挨拶は入れない
  • 「逝去」は故人に対する敬語となるので身内には使わない
  • 家族の会社関係など「故人をまったく知らない」にお送りすることもありますから、印刷で皆様に同じ文面をお送りする場合は、一般的な内容を中心にする方が多いようです。ごく親しい方であれば、別途手書きで故人の思い出に触れるお礼状を用意すると喜ばれるはずです。

皆様へお送りするお礼状

お礼状の文例1

謹啓 先日の(続柄) (故人の俗名)儀 葬儀に際しましては
鄭重なるご芳志を賜りお礼申し上げます
○月○日
(戒名)
四十九日の法要を相営むことができました
生前に故人が賜りましたご厚情に対しあらためて感謝申し上げます
つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたしますのでご受納くださいませ
まずは右 略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます 

謹白

お礼状の文例2

拝啓 先般(続柄) (故人の俗名)永眠に際しましては
ご丁寧なお心遣いを賜り誠にありがとうございました
お陰をもちまして○月○日に四十九日の法要を滞りなく済ませることができました
故人生前中のひとかたならぬご厚誼に心よりお礼申し上げます
心ばかりの品ではございますが 供養のしるしにお送りいたしますのでお納めくださいませ
本来であれば拝眉の上ご挨拶申し上げるべきところ 略儀ながら書中にてご挨拶申し上げます 

敬具

ごく親しい方へのお礼状

文例

拝啓 この度(続柄)(故人の俗名)の永眠に際しましては お心のこもったお手紙とお香典を賜りまして誠にありがとうございました
お陰をもちまして 先般四十九日の法要を滞りなく済ませることができました
生前どれほど皆様に支えられた一生であったかと思うと感謝に絶えません
親しい皆様に見送っていただき 故人もきっと喜んでくれていることと存じます
つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお送りしますので御受納くださいませ 

長い闘病生活を共にした末のことで 私もしばらくは何も手につかないありさまでしたが
ようやく落ち着いて 故人の遺した句を作品集にまとめたいと考え始めたところです

これからも、何かとお世話になることもあろうかと思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

敬具

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ