出産祝いの相場&人気プレゼントランキングを徹底調査!

ベビーの誕生を祝ってお贈りする出産祝い。お祝いの気持ちを込めて贈るギフトなので、ママにもご家族にも喜んでもらいたいものです。では、どんなものを贈ったら喜んでもらえるのでしょう? さらに、「いくらくらいのものを贈ればいいの?」、「1人目のベビーと2人目以降のベビー出産祝いでは、喜ばれるものが違うの?」と知りたいことがたくさんあります。喜んでもらえる出産祝い選びのために、実際に出産祝いを受け取ったママたちに、そのホンネを聞いてみました。

※過去5年以内に出産祝いをもらったことがある女性400名にギフト総合研究所がインターネット調査

今まででいちばんうれしかった、出産祝い人気ランキング!

もらってうれしかった出産祝い、もらったことがある 出産祝いベスト5

「もらってうれしかった!」という出産祝い人気No.1は「現金」で、なんと46%。好みのベビー用品を買ったり、ベビーのために貯蓄したり、生活費に当てたりと、自由に使えることからも、「現金」がいちばんうれしいというのがママたちのホンネのようです。
一方、「もらったことのある出産祝い」となると、現金は2位に順位を下げ、その割合は15.8%に。
たしかに、もらう側は、現金をもらうとうれしいものですが、贈る側からすると、金額が直接わかってしまうだけに、「少ないと恥ずかしい…」「どのくらいの金額がちょうどよいの?」と躊躇することが多いのではないでしょうか。
そんなときには、ママたちが本当にほしいものを選ぶことができて、なおかつ直接金額がわからないものとして、カタログギフトを選ぶのも賢い選択の一つなのかもしれません。

2位以下には「ベビー服や肌着」、「紙おむつなどの消耗品」、「ベビーカーなどの育児用品」、「おもちゃ・絵本」が順にランクイン。
「ブランド物のベビーグッズ」や「育児便利グッズ」、「花や植物」、「ママをねぎらう品」などがランク外となっていることからも、より生活に密着し、毎日の暮らしの中で役に立つ育児の必需品が喜ばれているということがわかりました。

最初のベビーと、2人目以降のベビーで、もらいたい出産祝いはちがう!?

最初のベビーと、2人目以降のベビーで、もらいたい出産祝いはちがう!? 「はい 81%」、「いいえ 19%」

1人目の誕生時と、2人目以降のベビーの誕生時では、ママたちがほしい出産祝いはちがってくるのでしょうか?
ママたちにお聞きしたところ、8割以上の方が「1人目と2人目以降のベビー誕生時にほしいものはちがう」と答えました。
では、2人目以降の出産祝いにもらってうれしいものは何なのでしょうか?

2人目以降のベビー誕生時にほしい! 出産祝い人気ランキング

1位 現金 33.7%

2位 紙おむつなどの消耗品 9.1%

3位 ベビー服や肌着 6.7%

4位 商品券・ギフトカード 5.8%

5位 育児便利グッズ 3.7%

「もらってうれしかった! 出産祝い人気ランキング」と比べて見てみましょう。

まず、「出産祝い人気ランキング」ではベスト5に入りながら、2人目以降のランキングではランク外になってしまったのが「ベビーカーなどの育児用品」と「おもちゃや絵本」です。
この2つの共通点はおさがりとして2人目以降のベビーにも使えるということ。
2人目以降のベビーの出産祝いを選ぶ際には、一通りの育児必需品がそろっていることを想定して品物選びをする必要がありそうです。

一方、新たにランクインしたのが「商品券・ギフトカード」と「育児便利グッズ」です。
すでに育児を経験したママだからこそ、「自分が本当に必要だと思うものを買いたい」という思いや、「1人目のベビーのときにはなかった便利グッズだとうれしい」という思いがあるようです。

教えて! 出産祝いの相場はどのくらい?

両親からの出産祝い、両親以外の親せきからの出産祝い、友人や同僚からの出産祝いの料金相場表

もらった出産祝いはいくらぐらいだったかをママたちにお聞きしました。

「両親からの出産祝い」を見ると「20,000円以上」が63.7%と最も多く、わが孫の誕生となるご両親は、高価なお祝いを贈っているということがわかりました。

「両親以外の親せき」では、「10,000円程度」が約4割、「20,000円以上」、「5,000円程度」がそれぞれ約2割という結果に。一般的には、同じ親せきでも、普段からお付き合いのある近しい親せきには高めのお祝いを贈ることが多いようです。

「友人や同僚からの出産祝い」では、「3,000円程度」~「10,000円程度」が8割以上となり、この価格帯が相場だといえそうです。

せっかくもらったのにがっかり…。その理由は?

「もらってがっかりした出産祝いはありますか?」という質問に対して、「がっかりしたことはない」と答えたママが84%でした。大半のママたちが出産祝いをありがたく受け取っているということがわかりましたが、少数派とはいえ、16%のママたちが「がっかりしたことがある」と答えているのも事実。ママたちをがっかりさせてしまった理由は何だったのでしょうか?

がっかり出産祝いの理由

1位 趣味に合わないものだった 32.2%

2位 すでに持っているものだった 15.6%

2位 実用的ではないものだった 15.6%

4位 安っぽいものだった 14.4%

5位 サイズが合わなかった 11.1%

気持ちを込めて選ぶお祝いなので、ここでご紹介したママたちのホンネを、喜ばれる出産祝い選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

調査実施:ギフト総合研究所

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ