「出産内祝い」親戚に送るとき気をつけるべきポイント

先様の好みが分からないことも多く、品物選びで迷いがちな出産内祝い。その点、身近な親戚への出産内祝いは、人数・年齢・性別などの家族構成、ライフスタイルなどを考慮した内祝いを選ぶことができます。今回は親戚だからこそ失敗しがちな注意点や、喜ばれる品物をご紹介します。

まずは、お祝いが届いたことの連絡を

親戚からいただく出産祝いは、比較的高価な金品が多いもの。出産内祝いを贈る時期は、一般的にお宮参りの頃( 生後 1ヶ月頃 )とされていますが、それまでこちらからの音沙汰がないのは考えものです。まずは電話で構わないので「届きました」の報告とお礼をしておきましょう。現金のお祝いは「◯◯に使います」と用途を伝えれば、より喜ばれます。

親には名入れや写真入りのギフトもあり

親戚に送る「出産内祝い」イラスト

親にとっては孫が生まれたのですから、その喜びは格別なものでしょう。赤ちゃんの名入れや写真の入った品物も、孫の誕生の記念品になるので、思い切って名入れギフトも選ぶこともできます。

親に内祝いなんて他人行儀……と思われるかもしれませんが、離れて暮らしているなら、出産内祝いは子どもからのなによりうれしい便り。同居の場合は、赤ちゃんと一緒に、これからはいっそうお世話になる相手です。内祝いで一緒に喜びをわかちあいましょう。

年配の親戚へ

ご年配の親戚は、冠婚葬祭の経験も豊富です。定番のタオルや食器は、いただきすぎて余っているかもしれません。そういう方には食品や洗剤など、「消えもの」と呼ばれる品物がよいでしょう。保存のきく乾物や密封された食べ物なら、年配者のみの家庭でも負担になりません。

年配の方が苦手な固い食べ物や肉類を贈りたい時は、事前にリサーチして贈っても大丈夫か確認しておきます。派手なものやファンシーなものは避けるようにしましょう。

一人暮らしや、若い親戚へ

一人暮らしの方や若い方には、高級タオルや銘菓など、自分では買わないけれどもらったらうれしいものがおすすめです。小分けされていれば、おすそ分けもできて便利。保存のきくレトルト食品やドレッシングなども喜ばれます。

一人暮らしの先様の好みとぶつからないよう、置き場所に困るサイズの記念品や、香りの強い入浴剤・石鹸などは避けたほうが無難です。

子どものいる家族へ

ゼリーやジュース、カレーやハンバーグなどのレトルト食品など、子どもの年齢に合わせた食品類は喜ばれるようです。子どもの食べ物アレルギーが分かっていれば、必ず留意しておきます。

また、小さい子どものいる家庭ならタオルなどの消耗品はたくさんあっても便利なものです。反対に子どもの年齢的に食べられないお菓子や、香りの強い入浴剤などは避けましょう。

付き合いの少ない親戚へ

付き合いの少ない親戚への出産内祝いは、好みが分からないので品物選びに迷ってしまうよう。そんな時は、先様が選べるカタログギフトや定番ギフトを利用するのもよい方法です。出産をきっかけに、身近なお付き合いが始まる可能性もありますから、きちんとお礼を伝えることが大切です。

便利なカタログギフト・商品券を贈る時も配慮を

先様が好きなものを選べるカタログギフトは、贈る側からみても便利なものです。しかしカタログギフトは、商品を選んでもらい、はがきやインターネットで申し込みをするという手続きをお願いすることになります。手続きが苦手な方もいる事を気に留めておきましょう。

商品券はかさばらずに使えて現金ほど直接的ではないので、身近な方に贈る場合もあるようですが、使える店舗が制限されています。先様の行動範囲で使えるどうか事前に確認するようにしましょう。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ