マナー違反していない? 結婚内祝いの「のし」の書き方実例

結婚内祝いでは「紅白で結び切りの水引」を選びます。一般的なお祝いは何度あってもいいものとされていますので、ほどけやすく何度でも結び直せる蝶結びの水引が選ばれます。ただし、一生の誓いである結婚のお祝いと、病気でつらい思いをした後の快気祝いなどは結び切りを選びます。結婚のご縁が蝶結びのように簡単にほどけるのでは困りますし、病気もやはり一度きりにしたいもの。結婚祝いのマナーとしても有名なことですが、新郎新婦からお贈りする内祝いでも、もちろん同じです。

のしの書き方、3つのポイント

のしの書き方、3つのポイントイラスト

表書きは「内祝」または「寿」

のしの「表書き」とは、水引の結び目の上に書き入れる内容のこと。結婚内祝の場合は「内祝」か、または「寿」と書くのが一般的です。お祝いをいただいた方にお贈りすることが多いので「御礼」でもよいように思えますが、本来の内祝は「親しい方と慶事の喜びを分かち合う」ための贈り物ですから、お返しやお礼とは違うものなのです。

差出人は「新姓」または「2人の姓名」

水引の結び目の下には、「結婚後の新姓」か「新姓の下に2人の名前を並べて」書き入れます。新郎新婦を紹介する意味では「名前を並べて書く」のが好ましいようですが、結婚を「家同士の結びつき」と考え、「新姓」を優先する家もありますから、両親などに相談してみるとよいでしょう。

職場であっても「のしに旧姓」は避けたい

最近特に、結婚後も職場や取引先に対しては旧姓で通す方が増えているようです。では、職場の方へ内祝を贈る場合はのしにも旧姓を書き込む方がいいかというと、少々事情が違ってきます。そもそも、結婚後に名乗る旧姓は、本名ではなく「通称」です。ビジネスでは、名前が変わることで仕事上の不都合が起きやすいこともあって、通称である旧姓の使用が認められることもあります。ただし、職場によっては本名を重視し、新姓への変更を求められることも少なくないようです。のしにも、やはり正式な「本名」を書き入れるのが無難と言えるでしょう。郵送する場合など「誰だかわからなくなる」可能性があるときには、メッセージカードに旧姓を書き添えるなどしてフォローしておきましょう。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ