入学内祝い、熨斗(のし)や表書きのマナーは?

入学内祝いを贈りたいけれど、いざとなると熨斗(のし)のかけ方や表書きがどうだったかなどはっきり思い出せなかったり、迷ってしまったりするもの。さっそく確認してみましょう。

のし紙のついた入学内祝いを差し出す子ども

何度あってもめでたい「入学」は蝶結びの水引で

「結婚祝い」、「快気祝い」や内祝いなど、その人にとって“何度も繰り返したくないお祝い”には、簡単にほどけない「結び切り」の水引がついたのしを使います。一方で、入学は小学校から中学校、高校……と“何度あってもおめでたいお祝い”ですので、何度でも結び直せる「蝶結び」の水引がついたのしを使いましょう。

熨斗(のし)にはお子さまの名前を入れる

表書きの上側は「入学内祝」または「内祝」、下側は「お子さまの名前」

のしの表書きについて、上側(水引の結び目よりも上)には「入学内祝」または「内祝」と書き入れます。下側(水引の結び目よりも下)には、お子さまの名前を入れましょう。明確な決まりはありませんが、小学生くらいまでは“下の名前のみ”にする方も多いようです。中~高校生くらいからはフルネームを入れるとよいでしょう。

包装紙の内側にかける「内のし」が内祝いの定番

包装紙の外側にのしをかける「外のし」と、内側にかける「内のし」の使い分けには地域差などもありますが、おおむね「内祝い全般は『内のし』」とされているようです。お子さまのお祝いごとということもあり、のしも伝統的なデザインだけでなく、イラストをあしらったものなどがよく見られます。気の置けないお相手には、こうした遊び心のあるのしで楽しんでいただくのもよいでしょう。

「お子さまからのお礼」を忘れずに

入学祝いはご両親ではなくお子さま本人へいただいたもの。贈り物の体裁を整えることも大切ですが、ご両親が入学内祝いを贈るだけで済ませるのではなく、お電話や直筆のお礼状など「お子さま自身からのお礼」を忘れずにお相手へ届けるようにしましょう。近しい方への入学内祝いであれば、のしの表書きや名前をお子さま自身が書くのもよいかもしれません。お子さまの成長ぶりを伝える意味でも大事なポイントです。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ