独身の方が、もらってうれしい出産内祝いとは?

独身の方はファミリーで暮らす方とくらべて、生活雑貨や食べ物などを自分の好みで選べます。ここでは、先様が独身の場合ならではの出産内祝いギフトの選び方をご案内します。先様の生活スタイルを考慮して、喜ばれるギフトを贈りましょう。

グルメは独身の男女問わずおすすめ

有名シェフ監修の高級レトルトセットをもらって喜ぶ独身男性

一人暮らしの方は、生活雑貨や日用品を自分好みに選んでいるため、好き嫌いがはっきりしている傾向にあるようです。なので、食べたらなくなってしまうグルメギフトなら、残るお品より失敗は少ないといえます。独身の方が「もらって困る」と思っているグルメを知り、ギフト選びの参考にしてください。

スイーツは誰にでも喜ばれる?

男女問わず人気があるスイーツ。独身の先様へ贈る場合は「小分けされている」「保存がきく」ものを選ぶようにしましょう。大きめのバウムクーヘンやホールケーキは、一度開けるとなくなるまで食べなくてはならないので負担になってしまいます。また、ダイエット中や糖質制限をされる方も増えていますので、そんな先様の状況を知っているならスイーツは避けるようにしましょう。

高級なレトルト食品

最近のレトルト食品は、ブランド肉を使用したり、有名シェフが監修していたり、食べてみたくなるラインアップが増えています。これらのレトルト食品は一人暮らしの独身男性に特におすすめです。アレルギーや好き嫌いを知った上で選ぶと、より喜ばれます。

自炊される先様ならお米や調味料も◯

有名ブランド米が1~2合分でパッケージされたお祝い用のお米は、一度で使いきれる量で、しかも自分では買わない高級米なので喜んでいただけます。
また、出産内祝いでおすすめの「赤ちゃん米」は、赤ちゃんの体重と同じ重さのお米をギフトにしたもの。お米はある程度保存がきくので、しっかり自炊される先様ならこちらも検討してみるとよいでしょう。
珍しい調味料などは、たとえ見栄えがおしゃれでも「使い方が分からない」と無駄になってしまうことも。しょうゆや出汁など一般的に知られるもので、あまり自分では買わない価格帯のものがおすすめです、小ぶりなものをセットにすると見栄えのよいギフトになります。

出産内祝いの人気商品「赤ちゃん米」とは?

「使ってみたくなる」小型家電

少人数用コーヒーメーカーや卓上加湿器などの、場所をとらない小さめの便利な家電は一人暮らしの強い味方。お部屋のデザインを邪魔しない、シンプルでおしゃれなデザインも増えています。
しかし、そういった便利なものは先様がすでに持っている可能性も。念のため確認した上で贈るのがベターです。

定番である食器・タオルの注意点

定番ものの食器やタオルは特別な注意が必要です。その点に気をつければ喜ばれるギフトになりますから、選択肢に加えてみるのもよいでしょう。

1人分の食器は避ける

ティーセットやプレート、独身の先様には「よいものを1セット」と考えがちですが、先様によってはNG。複数人で使用するとき、デザインがバラバラになってしまいます。また、独身の先様はお気に入りの食器をご自身で複数そろえている方も多いのです。なかには「独り者だから1つだけ?」とネガティブに受け取る方も……。食器類を贈りたい場合は、2~3セットくらいの多すぎない複数セットを選びましょう。大皿など一人暮らしでは使い道がなさそうなタイプもNGです。

定番のタオルはシンプルなデザインを

内祝いで定番のタオル。独身の方にはブランド品やオーガニックコットンなどこだわりを感じるものが喜ばれます。ただし、ファンシーなものやカラフルすぎるデザインは好みが分かれるので男女問わず避け、シンプルなデザインで素材のよさを感じるタオルがよいでしょう。また、内祝いをいただくことが多いと、ハンドタオルは特にたまりがち。できればバスタオルがうれしいという意見もあります。

じっくり選べるカタログギフト

カタログギフトの大きな特徴のひとつは、「好みのものをじっくりと選べる」こと。自分好みに生活できる一人暮らしの独身の方にはぴったりなギフトといえます。シンプルな生活雑貨やキッチンウエアを中心とした雑貨カタログや、調味料やレトルト食品がそろうグルメカタログなら、選ぶ時間も楽しいものになるでしょう。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ