知っていますか?「内のし」と「外のし」の違い

内のしは贈答品に直接のしをかけて上から包装紙で包むことで、外のしは包装紙の上からのしをかけることを指します。なぜ内のしと外のし、2種類があるのでしょうか。また、それぞれに意味の違いはあるのでしょうか? 今回はのし紙とは何か、内のしと外のしの適切な使い分けについてご説明します。

内のし・外のしの使い分け

内のしと外のし図解

のし紙は慶弔事にあたり、礼を尽くす姿勢を表すもの。のし紙をかけることが大切であり、内のし・外のしの使い分けには厳密な決まりはありません。
ただ、お渡しする状況によって、どちらかがより適切という傾向はあるので、気にかけておくとよいでしょう。

内のしが適切な時

内のしは包装紙にのし書きが隠れてしまうので、お渡しする時には表書き(贈答品の目的)が見えません。主に内祝いに用いられます。
内祝いには現在では「返礼品」と捉えられていますが、もともとは「自分に祝い事があったのでお裾分けします」という意味があり、相手の慶事をお祝いする贈答品ではありません。このことから、控えめな表現に感じる内のしが内祝いにはおすすめです。
また、宅配便で贈答品を贈る際には、配送途中でのし紙が傷つかないように内のしがよいとされています。

外のしが適切な時

外のしは贈答品をお渡しする時、表書きが先様にはっきりと見えます。先様にどんな目的で贈ったかが即座に伝わるため、結婚・出産祝いなどは外のしが適切といえます。

そもそも「のし紙」とは?

「掛け紙」+「水引」+「熨斗(のし)」=「のし紙」

古来、贈答品には贈る理由・贈り主を書き入れた「掛け紙」をかけ、「水引」でくくり、「掛け紙」の右肩に「熨斗(のし)」を添えて贈っていました。
現代ではこの慣習は印刷技術によって簡略化され、「掛け紙」に「水引」と「熨斗」が印刷された紙を「のし紙」と呼ぶようになったのです。

「熨斗(のし)」はめでたい肴が由来

のし紙の右肩、和紙に黄色い細長いものが包まれているように見えないでしょうか? 実はこの黄色いものはあわび。干しあわびを打ち伸ばしたものを熨斗といい、室町時代に祝い事や出陣の際に行う儀式「三献の儀」に欠かせない肴のひとつでした。

弔事に「のし紙」は使わない?

「熨斗」は前述のように喜ばしい儀式の肴。なので、弔事の贈答品に使用する掛け紙には「熨斗」は描かれていません。しかし「熨斗」が描かれていなくても、便宜上「弔事用のし紙」の名称で出回っています。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ